RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

iT-REX BLOG!

| main | AIDMAからAISASへ >>
WEBサイトは会社を現す。
すでに、インターネットは生活に溶け込むまでになりました。

かつてなら、辞書や本で調べていた「なにか」がカンタンに検索で見つかるようになり、チラシや電話帳で「何か」のサービスを選ぶのも、インターネットでカンタンに比較検討できるようになりました。

雑誌はどんどん売れなくなって、フリーペーパー化してしまい、メディア分散の世の中で、いろんなメディアの融合化も図られ、既存メディアも変化が無ければ生き残っていけない時代になりました。

これら、世の中の変化をもたらしたのはインターネットでした。
それをいまさら疑う人などいないでしょう。

意固地になって、かつての成功体験にすがっていては、斜陽になるばかり、それは歴史が教えるとおりです。
消えていった商店街、炭鉱、古きよき映画館、、、枚挙に糸目がありません。

「人の行動そのもの」が変わり、社会基盤がインターネットによって根底からガラリと変わっているのです。
その社会基盤の上に成り立つビジネスも当然変わっていかなければならないのは、このコラムをお読みの皆さん自身が身をもって体験されているのではないでしょうか。

とくに、新産業ではない業界では、かつての忘れられない成功体験、既存ビジネスモデルとの狭間で苦悩している企業も多いことでしょう。
たとえば、「気合営業」が全てだった業界、「お付き合い」が全てだった業界、「安定取引」があった業界などでは新しい時代にどう対応していいのか苦慮するところでしょう。

「そうか、インターネットか、ホームページを作ろう!」と思って大金を賭けてみたところ、あまり効果が無い。
最初は効果があったけれども、いまはそれほどでもない。
そういう声をクライアント様からよく伺います。

みなさん、基本的なことを忘れられているのです。

それは、ホームページ(=WEBサイト)は「単なる看板ではない」ということ。ホームページはあなたの会社を表現する大事な専用メディアであり、それは「会社そのもの」だという大切なことをです。

今の時代、ネットで会社を調べない人が大半でしょう。
あなたが我々の会社をいまネットで調べているように、あなたの会社もだれかに調べられているのです。
つまり、「会社のホームページ」をみて「会社そのもの」を判断しているのです。





よく考えてみれば、自分自身がそういう行動とっていることに気がつくでしょう?

だから、会社のホームページ(=WEBサイト)は製作業者任せではダメなのです。「自社の強みを知るのは自社だけ。」訴えたいことを訴えるのはあなただけでしょう?

製作会社は技術とネットに対するノウハウはあっても、あなたの会社の強みや業界のこと、サービス・商品のことはわかるはずもありません。
そのことはあなたの会社以上には知りえないです。

だからこそ、あなたの会社を表現するホームページはあなたの会社が主体となって創り上げなければ成功は出来ないのです。
我々は、「会社そのもの」であるホームページ(=WEBサイト)は、既製服のようなものではなく、「あなたの会社専用」「世界にたったひとつしかない」のものであるべきだと考えています。

キレイなこと、情報が優れていること、いろいろあるでしょう。
けれども、あなたの会社の魅力、商品・サービスをきちんとあなたの声で伝えることが何よりも大切だと考えています。

消費者が見たいのはあなたのWEBサイトではなく、あなたの会社そのものなんですから。




自社でのサイト製作には、ぜひ自社なりの戦略を考えてみてください。

ポイントは、、、

 1.自社は何が強みなのか。
 2.業界の特徴、流れ、トレンドはどうなのか。
 3.顧客は何を求めているのか。
 4.顧客は何が知りたいのか。
 5.自社は何を提供できるのか。

とくに5番目は、業界ではあたりまえに知っていても、ユーザーにはよくわからないことなどたくさんあります。
「当たり前に使っている言葉」が、実は顧客にとっては当たり前ではないことがたくさんあります。

いろんな視点から見直してみると、結構色々あるものです。

今まで考えもしなかったことを考えてみると、WEBサイトだけではなく、ビジネスのあり方そのものをも考えなければならないことにも気がついてくるでしょう。

そうなったとき、あなたの会社は「勝ち組」への入り口に立てるはずです。

まずは考えてみること、そこから全ては始まります。




| iT-REX コラム | 19:27 | - | trackbacks(1) | - | - |
http://blog.it-rex.jp/trackback/321506
鳥海iT-REXに/iT-REX BLOG!が登場
http://blog.it-rex.jp/ (画像、切り取らせて頂きました) http://www.it-rex.jp/index.html
| Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』   編集長 不動産ブログ日記 | 2006/08/08 6:44 PM |