RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

iT-REX BLOG!

<< (社)東京都宅地建物取引業協会練馬区支部様にてセミナーさせていただきました。 | main | 検討→比較検討←戦略 >>
企業のネット対応で大切なこと。
1.サイト製作

我々アイティーレックスは、WEBを基点としたマーケティングコンサルティングを主として、ホームページ・サイト製作を行っています。

その中で、クライアントの方々の中にはサイトを作れば何とかなると思っている方がいるのも事実です。
作りさえすればヤフーで検索したらどーんと検索エンジンの上のほうに出て来て儲かる、そんな幻想を持っている方も正直なところいらっしゃいます。

けれど、現実はそんなことはなく、みんな検索エンジンに引っかかるように、集客が出来るように、ネット担当者は各業界で日々血眼の競争を繰り広げています。

とくに、いまやネット上の集客が生命線となっている業界も多く、小額商材から高額商品まで、競争は激化しています。

たちの悪いことに、というかネット上仕方のないことですが、検索サイト(ネットへの事実上の入り口)は実質、ヤフーとグーグルの2つの場所しかないため、交通渋滞が起っている状態でもあります。


2.サイト製作はリアルな店舗と同じ

ホームページも実ははリアルな店舗と同じです。

お客さんが来る街(検索エンジン)は限られていて、そのなかでもいい場所(検索順位)を得るには、よりお金を出したところが有利、より裏のコネ(SEO)を駆使したところが有利というわけです。

また、お店(自社ホームページ)も作っただけでは意味がないというのもリアルな店舗と同じですね。

お店を構えただけではだれも見てくれませんし寄ってくれません。
とくにネットだとだけかが何かのアクションを起こさないとお店(ホームページ)には立ち寄ってくれませんから、広告をしないことには、知ってもらわないことには誰もホームページには着てくれないわけです。


3.サイトへの認知の向上が必須。

そう考えると、広告をすること、認知をあげることの大切さがわかるでしょう?

そのための広告であり、SEOであったりするわけですが、これには数々のテクニックやノウハウが必要だったりするため、一筋縄では行かないわけです。
また、それ専門の業者多数あって、海千山千なので、詳しい方でないとなかなか「いい・わるい」が判断つきにくいのも現状です。

我々のコンサルティングさせていただいているクライアントさんの中にも、ただ登録だけして広告費を湯水の如く使われていた例もありますし、不可解な広告出稿をしている例もありました。(もちろん、いい業者さんもいます。)

なにぶん、ネット社会になってまだ間もないですから、業界自体も群雄割拠状態です。


4.ネット担当者の必要性

そうした企業リスクを回避するには、なんといってもネット担当者を置くに限ります。

担当者を置くということは一人分の人件費がかかってしまい、小さな会社だと結構な重荷となってしまいますが、もし御社が今後ネットで生き残っていかなくてはならないとしたら、それはけして高い買い物ではないでしょう。

むしろ、変な業者に毎回お金を吸い取られていく、サイトリニューアルのたびに多額の費用がかかるよりもよほど費用対効果はいいはずです。
なにより、社内にネット活用の風土文化が形成されていくという効果もあります。
担当者が輪からに人にいろいろ教えるので、自然とみんなが普通にネットを使えるようになるという効果はどこの会社でもあります。メールやネットが苦手な人が多い会社にとってはとても効果的でしょう。

我々がコンサルティングするにあたっても、ネット担当者(取りまとめ役・情報の受け手)がいるかいないかでは効果進捗の程が明らかに違ってきます。もちろん効果も。

そして、それは自社に蓄積するものでもあります。
外からの意見がたんに「いい話」で終わらないためにも、社内に蓄積することは大切ですが、誰かが片手間にやる、よりも専任担当者が責任を持ってやることにより、話が流れていかず溜め込まれてノウハウという財産になっていくのです。


5.方向性を明確に持つ大切さ。

知らないことを知らないと知りつつ知ることなく続けて行くのは愚の骨頂です。
先日とある社長に頂いた言葉です。

その社長いわく、知らないんだからこのままやっててもこのままだ。どうせなら誰かに来てもらってとりあえずその通りにやってみればいい、失敗でも成功でもやってみてわかることがあるだろう。やらなきゃ何にも変わらない。

まさしくその通り。
乱暴な話ですが、やらなきゃわかりません。
時代はどんどん流れていくし、技術のトレンドも移り変わりが激しい世の中です。

我々は不動産業界の方々に多くの関係を頂いていますが、やはり初期からネットに取り組まれてきた会社さんは大なり小なり「おいしい思い」をされています。
逆に隣がやってるからウチも、知り合いの社長がうまくいってるらしいから、と高額のソフトやサイト製作をされた方は効果が限定されています。
とくに社員さんに丸投げ、サイトを作れば、ソフトを買えば、でやっている会社さんはうまく行くはずがありません。

トップがのめりこむ必要は全くありませんが、やはり会社の方針として確たる方向性を持ってやっていかなければ、「成功」はおぼつかないでしょう。


大切なのはリアルもネットも同じ。「事業に対して真摯であること」だとおもいます。
我々はそういう企業様を規模の大小にかかわらず精一杯応援したいと考えています。


| iT-REX コラム | 15:05 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.it-rex.jp/trackback/376470