RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

iT-REX BLOG!

<< 企業のネット対応で大切なこと。 | main | CPCとCPA >>
検討→比較検討←戦略
ITインフラの普及により、購買者の購買プロセスが、
変化してきていることは以前書いた。⇒AISAS

購買プロセスを考えるということは、顧客のキモチをどう考えるか。
顧客主義なんて、使い古された言葉だけれども、
やはり、考えていない企業が淘汰されていく。

それは、インターネットの特性に
「比較し易い・され易い」
というものがあるから。

これをご覧になられている方なら、
ネットで買い物をした事は1度や2度ではないはず。
商品や店舗が決まってない検討をする段階の場合、
必ず、何社かのHPをみて、比較検討を行いますよね?
価格、商品情報、それは御社のターゲットの顧客も同じように、
御社と他社を比較する、ということです。

顧客の「何を買うか、検討する」というプロセスと同時に、
「どこから買うか、比較検討する」
がおこなわれてしまっているのです。

今まで、街の電気屋さんのライバルは、付近の同業2〜3社。
不動産業のライバルは、付近の業者2〜3社。
小売のライバルは少し増えて、近隣5〜6店舗といったところでしょう。
これは顧客は、その顧客の行動範囲でしか検討をできなかったから。

しかし、ネットインフラの整備された現在はどうでしょう。
全国の電気屋、不動産業、小売店がライバルになってきているのです。
その数は、数10社以上。下手したらもっと多くの企業と比較されます。

その時に、選ばれる企業になっていますか?
選ばれるWEBサイトになってますか?

選ばれるWEBサイトにするために、
AISASを考え、それに対し販売戦略を構築していく。
それこそがWEBマーケティングです。

AISASを考えるという事は、

どんな人が・・・
どんなルートを通ってサイトに来て、
どんな情報に心を動かし、
どんなアクションをとるか

こういったことを考えていくこと。

しっかりターゲットを考えていますか?
需要喚起の戦略を考えていますか?
SEOとリスティングだけに頼っていませんか?

ITは苦手だから。WEBって良くわからん。

もう、知らない、わからないでは済まされない時代。
業者に任せっきりWEBサイト、
作って放りっぱなしのWEBサイトでは、
顧客に選ばれることは決してないでしょう。

結局のところ「良い商品」は売れていきます。
とはいっても営業がいなくても売れるほどの、
商品の差別化なんてなかなかできるものではないし、
差別化しても、それを表現できなくては結果は一緒。

ネットインフラのもたらした結果は、
ライバルを増やす競争過多の時代。
そして、逆にチャンスを増やす時代です。

WEB戦略次第です。どちらを選びますか?

| iT-REX コラム | 12:20 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.it-rex.jp/trackback/379012