RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

iT-REX BLOG!

<< 我々の仕事。 | main | 不動産データアンドジャーナル社セミナーに参加。 >>
WEB担当って誰がする?
WEBマーケティングのコンサルでお伺いするとWEB担当になられる方をご紹介され、「こいつに任せるから、よろしく頼むよ」と、言われたり、ITが苦手な方ばかりで、任せられる人材がいない場合「WEB担当って何人必要?誰にさせればいい?」なんて質問を受けます。

そこで、今回のコラムは、WEB戦略の担当者について考えてみたいと思います。



よく言われることですが、WEBサイト=企業そのもの と言われます。言い換えると、顧客はWEBサイトで企業そのものを評価してしまう、ということ。

いい会社だな。実力のある会社だな。はたまた、いい加減な会社だな、規模が小さくて実力のない会社だな。顧客は、御社のHPを見て様々な事を感じ、考えます。

WEBサイトを見てそう捉えるのであれば、当然、企業として「どう捉えてもらいたいか」を考える必要があります。

そして、それをどう実現するかを戦略的に構築していかなくてはなりません。さらに、維持管理をおこないサイト運営もおこなっていく実務も必要です。

それがWEB担当者ということになるのですが、
では、それをおこなっていくのは誰かが最適なのか?

業態、規模にもよりますが、ほとんどの場合が
社長自身がWEB構築を行っていくべきです。

WEBサイトを見て、お客様に感じ取ってもらう印象とは、会社の特徴(企業能力・商品力なども含めて)、風土や文化です。その特徴を社内で最も熟知し、的確に表現できるのが社長だからです。

現在インターネットやITを活用した商売・商品で成功しいる会社、また、WEBサイトを利用して実務を加速させている会社。
その会社のほとんどが、社長自身が地道に情報収集をし、自身で製作会社と打ち合わせや、話をし、自身でアクセス解析を見て悩み、考えているのです。

ネットを利用できるインフラが整い、顧客のネットに対する認識が変わり、それによって顧客購買プロセスが変わっている現在。

ネットって良く知らないから、ITは苦手だから。
それではもう済まされない現状だということです。

現実の企業が、創業何年だろうと、どれだけ成果を上げていようと、WEBサイトの構築は、0から始まります。つまり、歴史の浅いWEBサイトという世界ではだれでもが平等な創業期なのです。

皆さんの会社の創業期に、営業が苦手だから、営業を一切やりませんでしたか?経理がわからないから、経理を一切やりませんでしたか?

WEBサイトの創業期、社長自身がおこなうべきではないでしょう?

もちろん企業規模が大きくなり、社風が確固たるものとしてある、社員にもそれが浸透している状態であれば、幹部や担当者に任せっきりでも構いません。逆に言えば、会社がそのような状態になり、経営指針に関わることも任せられるようになってから、WEB担当を人に任せられるようになるのです。

業種・業態や規模、事業領域によっても異なりますが、通常、下記の図のように行っていくと、システムが機能するようです。




※クリックで拡大画像

もちろん、実務・作業などは社長が行う必要はありません。
その実務だ作業だ運営だをおこなっていく担当者が、WEB担当者だからです。多少のIT知識を持っている方であれば、言い方は悪いですがどなたでも構いません。

社長自身や幹部が陣頭指揮をとり戦略を構築していくのであれば、実務としてのWEB担当者は、営業や事務などの他職種と兼務の状態、また、運営規模、作業量にあわせて、適時雇用していくような状態でもまったく問題ないと我々は考えています。

| iT-REX コラム | 14:29 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.it-rex.jp/trackback/409021