RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

iT-REX BLOG!

<< コンサルレポート「売れている不動産屋さんのWEBサイト戦略」 | main | 今年のネット業界は? >>
WEBサイト(ホームページ)に必要なのは何よりも運用。
先日、とあるクライアントさん(BtoB)が、年間で数百社も集客した!
ということを伺い驚きました。

基点は、もちろんWEBサイト(ホームページ)。

しかしながら、ただサイトがあるだけ、とかSEOで、、とかPPCで、、とかそういうありきたりのものだけではありません。

秘訣は、担当者の方の「がんばり」にありました。
新サービスのための特設サイトを作ったり、メールマガジンを発行したり、外部PRをきちんとしたり、、、という、まさに当たり前のことを当たり前に地道にやってこられた成果でした。

莫大な費用はかけていません。したがって、投下した分は十二分に回収されていると思います。かけたのは「お金」ではなく「手間」と「やる気」です。これはすばらしいと思います。


WEBサイト(ホームページ)で大切なのは、何よりも「運営」です。
それは、現実の商売となんら変わりません。

すこし思い浮かべてみてください。どちらが集客があると思いますか?

街角の普通の喫茶店と、時代に合わせて店構えを変えるカフェ。
何の変哲も無い本屋さんと、説明ポップがたくさんある本屋さん。
場末のクラブと、常にイベントをやっているキャバクラ。

商行為の基本は、「にぎやか」「活気がある」ということに尽きます。
「笑う門には福来る」といいますが、やはり人はにぎやかで活気のある場所に引き寄せられてしまうものです。
「変化の無い場所」より「刺激のある場所」を無意識に選んでしまう生き物なのです。

WEBサイト(ホームページ)も同じです。いいサイトを作っても、にぎやかで活気が無くてはお客様は寄り付きません。来たとしても比較対照として逃げてしまいます。そのためには、常ににぎやかにしていかなければいけません。

こういうことを当人に向かって言うと、8割くらいのひとが「忙しくて、、、」なんていう答えが返ってきます。
確かに「忙しい」でしょう。でもそれは皆同じ。選任の担当者が置けるほどの大きな会社以外はみんな日常業務で手一杯です。

前述の担当者の方も、毎日夜遅くまでがんばっていて、日常も激務ですが、うまく調整しながら「やるべきこと」をきちんとやったから、それが成果として返ってきています。

我々がもう「それは古い」と思っていたやり方でさえ「とりあえずやってみます。」でがんばった結果、思わぬ効果が出ています。

まずやってみる、そこから始まります。
たとえ失敗してもそれは次への反省材料ともなりますし、成功すれば万々歳です。

いちばんもったいないのは何もしないまま貴重な時間だけが流れていくことです。



| iT-REX コラム | 00:38 | - | trackbacks(1) | - | - |
http://blog.it-rex.jp/trackback/454330
2007年/これが宅建業のHP勝利戦略だ
2007年2月15日 (社)埼玉県宅建業協会・埼玉西部支部 (支部交流センター)で講演 大変革/Web2.0時代のインターネット活用講座 街の不動産屋さん これが宅建業者の 将来ビジョンだ! Presented by FDJ社 Alliance 今日(2月3日)はPPTでテキ
| Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』   編集長 不動産ブログ日記 | 2007/02/03 8:45 PM |