RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

iT-REX BLOG!

<< WEBサイト(ホームページ)に必要なのは何よりも運用。 | main | 宅地建物取引業協会練馬区支部様にて >>
今年のネット業界は?
あっという間に、今年も2ヶ月が過ぎようとしています。
時間の流れは本当に速いものです。

昨年の今頃は、インターネットの業界もWEB2.0、ロングテールで盛り上がりを見せましたが、もうあまり聞かれなくなりましたね。
CGM(クチコミメディアのこと)はマーケティングの一手法としてこれから熟練されていくでしょうが、それに派生した周辺ビジネス、とくに「集合のメディアたらん」としたところは早くも陰りを見せているようです。

当社アイティーレックスは、コンサルという仕事柄、いろいろ多彩な来客があり、出会いもありますが、そのなかでも「メディアを創りたいのだ!」「広告モデルだ!」という会社が多いのを感じます。

一昔前のネット時代を髣髴させるそのような思想はまだまだ根強く、小分け広告の集合というGoogleモデルでさらにその根が深くなっている気がします。

しかしながら、実際のところどれだけの企業がそれでビジネスとなりえているのかと言うとはなはだ怪しい現実があります。
いや、今現在は成り立っても、5年後10年後には成り立つのでしょうか。

こりゃかなり怪しい。

普通の企業は、数年を経て投資回収し、利益を出しながらさらに投資を入れる拡大再生産が基本ですが、ネット業界の場合あまりにも状況変化が早いため、投資回収までに業の流れが大きく変化もしくは廃れるどころか存在すらしなくなる可能性もあります。
つまり、かなりの短期間でドカンと儲からないと投資の回収も益出しもありえないわけです。

そもそも、ネット系ベンチャーは、「会社を売る」自体がモデルという面もいまだ強く、とにかく「新しく目立つ面白い」が先行しがちです。
しかも、ネットとかよくわからないおじさんたちがお金を出してくれるので、初期資本で食いつなぎながら遊んでいる側面がかなり強い気もします。
(こんなこといったら怒られるかもしれないけれど。)

栄枯盛衰のネット業界ですが、果たして今年は何がどう流行るのでしょうか。去年のようなお祭り騒ぎが無いだけに、今年は少し心配です。



| iT-REX コラム | 00:35 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.it-rex.jp/trackback/466200