RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

iT-REX BLOG!

<< ブログ製作サービス | main | 社団法人東京都宅地建物取引業協会新宿区支部 様にてセミナー講師をさせていただきました。 >>
テレビ東京 ワールドビジネスサテライト にご紹介いただきました。
テレビ東京様に取材していただき、ワールドビジネスサテライトで紹介していただきました。


WBS にてご紹介いただきました。
http://toriumi.jugem.cc/?eid=1240

ビックから→ジャンボへの経済学!http://fudou3.jugem.cc/?eid=3358



弊社は、WEBサイトの製作やマーケティングコンサルティングなどをご提供させていただいてますが、今回は toriumi@blog が起点で、特集コーナーの一角としてご紹介いただきました。

弊社クライアント様のなかにも社長ブログがきっかけで、取材をされたりパブリッシュ戦略がうまくいっているという会社さんがありましたが、「まさか自分たちがねぇ」という感覚は隠せません(笑)。


さて、それはそうと、せっかくWEBの会社なのですから、アクセスログについて少し報告したいと思います。


弊社自身はまだまだ起業したてのベンチャーですから、集客はご紹介やクチコミの要素が強いという状況です。
また、サイト製作などは業界柄WEB集客は競合だらけで、集客できたところでコンペ要素が強すぎて、我々のようなベンチャーでは逆に効率が悪いという側面があります。

というわけで、弊社のサイトは存在を証明するだけにとどまる簡便的なサイトで、正直なところ力を入れていません。
昨年夏ごろに、とある大きな会社さんとのコンサルティングの話の折、自社サイトで業務内容だけもサイトがないと稟議が通らないということで急造したというのが実情です。

前提としてはそんなところですが、テレビ出演に当たってはサイトをリニューアルしておけばよかった!と強く後悔しています。
なぜならば、テレビ紹介のおかげで、アクセスが数倍になったからです。


toriumi@blogの方のアクセス状況を見てみますと、面白いところでは、放送当日2007年4月11日の23時の段階で訪問者数が109、ページビューが211まで上昇しています。(ちなみに22時は同7と11)

放送が23時代の後半だったにもかかわらず、アクセスが急増しているということは、それだけPCとテレビの親和性が高いということを意味していると考えられます。

もちろん、経済番組なので知的興味の旺盛な人が多いということもあるでしょう。気になったらすぐPCをいじるとか。

視聴率がどの程度かはわかりませんし、数万人が見るとすると100人程度は少ないのかもしれません。
しかしながらが、瞬間にして109人をも訪問させるとは媒体としては驚異的です。

しかも、翌日のアクセスは、満遍なく人が訪れ、訪問者で253人、PVで619人です。

通常、何かに紹介された折にアクセスが伸びても、PVは2倍以内に収まるのですが、2.5倍にも伸びています。
また、その日以降はアクセスは落ち着くものの、微増していてリピーター数も増えています。


すごいですね、テレビ。

WEBだけでなく、紹介していただいて、多くの友人知人お付き合い先の方々からお声がけもいただき、いまさらながりにすごさを実感できました。
昨今はWEBの勢いが隆盛なので、仕事柄そういう話題ばかりを耳にしますが、実際自らが接してみるとやはり違います。

昨今は、PCもデジタル放送と相まって、メーカー各社によるリビング争奪戦が本格化しているのは我々の知るところです。

PCとテレビの親和性がさらに進めば、テレビ離れどころか、「放送」というくくりの中でまったく予想だに出来ないあらたなる競争が生まれる可能性があります。

と考えると、だからGoogleはリアル広告進出に躍起なのか、という創造にも行き着きます。
技術が進み洗練されていけば、いつまでもテキスト広告が有効なわけはありませんものね。

そうなったときに、どう勝負が出来るか、そのためにどういう手を打てるか、今の状況では何ができるか、そういうことを常々考えていかなければ、競争激しい世の中に勝ち残っていくことは難しいのかもしれません。

今回の我々の失敗は、自社サイトをきちんと作りこんでおらず、せっかくの機会を逸してしまったところにあります。
メディアに紹介されることはわかっておきながら、受け皿としてのWEBをきちんとしていないというのは全く愚かの極みでした。

せっかくの露出を無駄にしないためにも、皆さんも機会があるならば、ぜひそうはならないようにお気をつけください。
自社の魅力、思い、考えを伝える最大のチャンスなのですから。


| iT-REX コラム | 00:27 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.it-rex.jp/trackback/503241